成分を注入する美容皮膚科のたるみ治療の種類

美容皮膚科では、顔のたるみを改善するために多彩な成分を皮膚に注入するたるみ治療が用意されています。代表的なものとしては次の4つが挙げられます。まず1つ目がヒアルロン酸注入です。ヒアルロン酸は体内に元からある成分なので副作用などの心配が少ないです。粒子の大きさや粘度によって様々な箇所に注入できます。2つ目がボトックス注入です。ボツリヌス菌を注入することによって表情ジワやたるみを改善します。ただし、効果は軽度のシワのみ限られるようです。3つ目がコラーゲンです。これもヒアルロン酸と同様、もともと体内にある成分です。肌にハリやキメを与えることができます。4つ目が血小板です。血液に含まれる血小板には、体内の細胞を活性化する効果があると言われています。これらの注入系の治療は、費用もそれほどかからず安価ですが、効果は半年から1年程度とやや短くなっています。

美容皮膚科でのサーマクールによるたるみ治療とは

美容皮膚科で受けられるたるみ治療の一つであるサーマクールは、治療レーザーなどの光エネルギーとは違った電気エネルギーのラジオ波を肌に照射することによって、熱エネルギーを皮膚の深部まで届ける治療法です。このサーマクールによって目の下のクマやほうれい線、ブルドッグのようなたるみやふくらみなどの老け顔に見られてしまう原因を解消する効果が期待できます。施術を受けて1日もすれば、肌のハリやツヤが回復しているのを実感することができ、その後数か月をかけて徐々に効果があらわれてきます。また、サーマクールはたるみを改善するだけではなく、フェイスラインをすっきりと整えてくれるため、小顔効果があるとともに、毛穴の引き締め効果やニキビの改善効果もあるため、様々な肌のトラブルを解消するためにも効果が期待できる治療方法です。

美容皮膚科のたるみ治療で、いつまでも若々しく

最近は、とても美しい50代以上の方が増えているように感じます。ファッションやヘアスタイルはもちろんのこと、スタイルや肌もきれいな方がとても多く憧れてしまいます。きれいな方は、美容に関する知識をとても多く勉強しているようです。年齢と共に誰でもが悩んでしまう肌のたるみに関しても、美容皮膚科でたるみ治療を受けている方が多いです。特に口元や目元のたるみは、そのままだとどうしても老けた印象を与えがちです。ほうれい線やたるみの解消は、見た目の若々しさに直接繋がる大事なポイントなので、美容皮膚科でも人気の高い施術です。自分が美しくなるのはもちろん嬉しいことですが、家族にとっても嬉しいことですよね。特に娘にとっては、いつまでもお母さんがきれいでい続けてくれることは、自慢の一つになるでしょう。いつまでも美容に対する意識を持つことは、女性として見習うべきポイントです。

Leave a Comment


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)